ACID FLASHBACK 2003/09

日記バックナンバー 2003/09

● 2003/09/01(月)

・早朝出勤

 今日は珍しく朝6時に起きて8時過ぎには出社.この時間帯だと通勤ラッシュが辛いねぇ…….結局大井町まで座れなかったよ.でもまあ,通学途中の女子小学生が見られたからいいか(←典型的な犯罪者予備軍ですな).

 でもって月曜の朝には原稿をいただけるということなので,速攻で送稿の手配を……来てねぇぇぇぇ!!!

・体内時計

 私は体内時計が壊れているので(というか,激電4号作ってるときに壊れた),10時間寝ても眠かったり,逆に30時間寝てなくても眠くなかったりということが起こるのですが,最近は徹夜のない職場に恵まれたお陰で正常に働いているようです.

 と思ったら,久しぶりにキタかも.なんか睡眠時間の調整に失敗して3時間半(実際には半分起きていたので2時間くらい?)しか寝てないのに,全然眠くねー!! ヤバいかも.

 あー,なんか背中暑いのに体温下がってきたー.帰って寝るべ.



● 2003/09/03(水)

・雷雨で山手線・京浜東北線ストップ

 渋谷寄ってから帰ろうと思ってたら,首都圏はそれどころじゃありませんでした.山手線,外回り/内回りとも全線ストップか.

20:10現在の降雨量

 東京アメッシュより首都圏の降雨量.思いっきりピンポイントに降ってますな.

 でもって帰宅。寄り道しなかったぶん、普段より早く帰れた(笑)。巣鴨→三田ルートもたまにはいいな……。



● 2003/09/04(木)

・Rubyによるアップローダのテスト

 会社で使っている用語チェックCGIをPerlからRubyに置き換えるための前実験として、ファイルのアップローダを作ってみるテスト。Ruby 1.6.8に付属のcgi.rbを使ったらあっさりできたので備忘録代わりに日記に置いておきます。

 使い方:rubyupload.htmrubyupload.cgiを適当なディレクトリに置く。以下略。

 アップローダと言っても、アップロードされたファイルをそのまま表示するだけなので期待しないこと。でも、multipartがどうこうとか何も考えずに使えるのはいいですな。本当はここで試せるようにしておいたほうが面白いんですけど、XSS脆弱性とか何も考えていないので略。

・今期のアニメ

 コミケとかで見る限り、今期のアニメはステルヴィア、ガンダムSEED、ガドガードみたいですなぁ。もちろん私は三つとも見てませんが(ありがち)。放送中のアニメから三つ選ぶとすれば、TEXHNOLYZE、カレイドスター、コスモス荘かなぁ。

 TEXHNOLYZE:水曜深夜フジ。serial experimentsシリーズ第2弾、ってどこかで見たような気がするけど、今DVDのパッケージ見てもどこにも書いてないや。さておき、1話でワケワカランと投げた人は多分正常です(笑)。私は小中信者なので(ぉ)見つづけましたが、いや長かった。7話くらいからようやく面白くなってきた。サイバー仁侠アニメ。勢力争いのパワーゲームと、その均衡を崩すために降りてきた男=吉井の怪演、手足をぶった切るなどのバイオレンス描写、ホモ近親相姦、ふんどし等々、腐女子にはたまりませんな。あっ、コミケで大西×櫟士の801同人誌買ってくるの忘れてた(ぉぃ)。スロースタートなことを除けばダントツに面白いですな。ということでDVDは全巻買うことにしよう。

 カレイドスター:木曜夕方テレ東。佐藤順一×吉田玲子の強力タッグ。毎回安定して面白いです。佐藤順一は偉大だったとナージャ見て思った……。その割に視聴率が1%以下ですが。時間帯のマズさもあるけど、題材のマズさ(今どきサーカスって)も問題なのかなぁ。脚本・演出・作画とも高レベルで安定してるので、一度見てあげてください。埋もれた名作になりそうな予感。

 住めば都のコスモス荘〜すっとこ大戦ドッコイダー〜:土曜深夜TVK。第7話「栗華の夢でドッコイ」、ねじ式というか、うる星の銭湯の回というか(ねじ式が元ネタだって)、この番組で不条理ネタを使った印象的な話をやるとは思いませんでしたよ。結局なぜ栗華があんな夢を見たのかは視聴者には明かされないのですが(それ以前に、どれが現実でどれが夢なのかもわからん)、どう受け取っても構わない、それでいて心地よい余韻が残るという作りは巧いかも。その次の第8話が「妹LOVEでドッコイ」という落差もスゴい(おっと、公式の各話紹介ページの『第8話「妹LOVEでドッコイ」』をテキストでコピー&ペーストすると、『第8話「妹兄L貴O万V歳E謎でドッコイ」』になるぞ。遊んでるなぁ……)。えーとなんだっけ。あー、Thirteen Sistersか。単なるファンサービスでなくて(ファンサービスだけど)、脚本的必然性があったからといって、本当に出してしまうところがスゴいですね。わざわざキングレコードなりメディアワークスなりに出向いて(多分)、先方に頭下げて企画意図を説明して了承とって、声優も本物使って(雛子:千葉千恵巳だし!!)までパロディ、というかサンプリングをやってしまう、その機動力には感動します。作品全体として見たときは縦筋がちょっと弱いとか、キャラクターが各話ごとに微妙に違ってるとかあるんですけど、作品にパワーがあるから気になりません。とかこんな感じでしょうか>寂丸さん。



● 2003/09/05(金)

・「内部状態を観測するために,端子にプローブを当てたりデバッグ用のコードを埋め込んだりすることは,内部状態を変化させることになるので,それでは正確な観測にならない」

 ……えーと,シュレディンガーの猫?

・Juan Atokins Japan Tour 2003@Yellow

 デトロイトテクノのオリジネイター,Juan Atokins来日パーティー@イエロー.池袋→渋谷経由で12時ちょっと前に六本木駅に.六本木駅の一番後ろで降りた方がイエローに近い……とメモ(お前何年イエローに通ってんだ←毎回駅に着いてから確認していたので……).

 入った時点で20人くらいしか人いなくて大丈夫かよ?とか思ったけどハウシーに盛り下がっていていい感じ.まあ早い時間だから盛り上がっていなくても,と思っていたら1時前あたりからデトロイト銘曲選.Amazon→Strings of the strings of life→Strings of life(original)→Sueno Latino(Derrick May Remix)というベタな選曲.でも名曲ですな.Yellowは数少ない中広域が歪まずに出る音響設備をもっているので(というか,低音の事しか考えてないクラブ多過ぎ),普段家で聞いてるのとあまり変わらない感じ.Amazonの中域が分厚く聞けただけで満足ですよ.

 でもって1時45分ころからJuan Atokins登場.本人は意外とミニマルセット.しかし手数多っ! 常にフィルター動かしていて,16小節に1回は低域絞っていたような(笑).なんつーか,ミニマルテクノがフィルターハウスに早変わり!という勢いでグリグリと.本人の曲やDJ MIX CDからは想像もできないようなパーティー仕様プレイが意外だった…….ちょっと踊りにくいかなー.



● 2003/09/10(水)

Design Wave MAGAZINE 2003年10月号

 特別付録はFPGA搭載基板.昨日発売なのに秋葉原全滅だとか.もうないのか? さーて,これからヤフオクで転売するかな……(ぉぃ).ていうか自分のぶんもないんですけど.とりあえずオクを監視しておくか.ちなみに来栖川電工が特別付録用評価基板を発売とのこと.こちらもチェック.

 さすがに今月発売の雑誌はオクにでないかー,とか思ってたら,今月の電撃大王(8月21日発売),¥2,500かよ! 普通に本屋で買えよ! って売ってないから入札しているわけですか.そうですか.おねツイフィギュアが効いてるのか.

Internet Archiveにキーワード検索機能搭載

 SEO-chより.検索エンジンの名称は「Recall」.うーん,もしかして2バイト文字通らない? ヒット率も頑張って欲しいところ.



● 2003/09/11(木)

空気バズーカ「Airzooka Air Gun」

 欲しいかも.30フィート(約9m)飛ぶ空気のボールを打ち出すオモチャ.More Imagesのほうで詳細画像が見られます.ドラえもんでこんな道具あったなあ.

Design Wave MAGAZINE 2003年10月号(続き)

 昨日夜の時点で,まだ秋葉原LaOX Book館にあるじゃん! 転売ヤーの皆さん,チャンスですよ!!!

・TEXHNOLYZE

 んー、今週は話があまり動かなかったけれども面白いねえ。このままキチンとまとめられればlainを越えるかも(現時点でも越えてると思う)。

 ……って、なに? 19話と20話は放送できない?(ここの9/10の日記) しかも19話は完全にできてるのに? どーなってんのフジテレビ!? ここまで放送したんだから、ちゃんと全話放送してくれよ。しかも放送では一切触れていないし。なんだかなー。

 そのかわりanimate TVのページで19話、20話を無料ストリーミング放送してくれるのだとか。よっ! 太っ腹! ……ていうか、やっぱ完成してるんじゃん……。

 CODECはWMV8か……mplayerだと音しか出ねえ……最新版に差し替えるか。

 それはそうと、上記のanimate TVのページでプロモーション映像(1話〜7話くらいまでのダイジェスト版)が見られるので、興味のある方は是非。こちらも無料ナリ。



● 2003/09/12(金)

・NPO法人TOPPERSプロジェクト 第1回通常総会・設立記念講演会@虎ノ門パストラル

 フリーなITRON実装系TOPPERSの総会と記念講演会。総会は会員でないと入れないので、記念講演のみ。ずいぶん人が多いけど全部会員?……と思ったら、会員と「会員になって欲しい(会社の)人」を招待したのだとか。どうりで。結構お偉いさんが多いみたい。

 名大高田先生、エーアイ加藤氏の話はいつもどおりプロジェクト概要と進捗など。面白かったのは招待講演の経済産業省 情報処理振興課 田代秀一氏。経産省なのにとてもフランクな語り口。既報の通りオープンソースソフトウェアを支援するような動きがある、という話の中で「打倒MSなどということは『表立っては』言っていない」というところでは場内が爆笑の渦に包まれる一幕が。どー考えてもオフレコだよなー。経産省の立場から、オープンソースソフトウェアを推進するのは、セキュリティ大作、特定ベンダへの非依存、国内技術・産業の育成などの理由があるとのことです。

 併設の展示会場に行くと、先日のSEWSTでVC++ベースのTOPPERS開発環境を展示していた(株)ヴィッツがゲームボーイアドバンスにTOPPERSを移植して展示していました。当日の朝まで作業していたそうですが、それでも2週間(実質1週間)で移植できたとのこと。モノがモノだけに正式に販売するというわけにはいかないようですが、待っていればソースが公開されるかな?

・今日の渋谷

 今までのHMVでは、火曜水曜がポイント2倍デーだったのですが、これからは¥5,000以上買えばいつでもポイント2倍とのこと。これは利用すべし。



● 2003/09/15(月)

ページ単位メモリ管理ルーチンのテスト/アドレス変換テーブルをPMMANで確保する

 連休中は、長いことほったらかしていたプログラムに久しぶりに手を入れてました。いろいろ調べて、謎だった部分がやっとわかったので。

 サンデープログラマなのであまり時間が取れないのですが、一日一時間でも二時間でも、時間を作って書いていきたいです……。そのためには早く出社して早く帰宅するようにしなきゃ。あと、意味もなく秋葉原に寄り道するのも禁止。その一時間がもったいないよ。



● 2003/09/17(水)

・NTT-AT@新宿で打ち合わせ

 先日のSystemCデザインカンファレンスで見つけたNovilit Protocol AnyWareに関しての原稿依頼.

 AnyWareは通信プロトコル記述言語CMDLを使って開発・デバッグを行う統合環境.通信プロトコル記述言語という概念自体初耳の方も多いと思いますが(俺も),たとえばTCP/IPとかHTTPとかPPPとか,またはCANとかI2Cとかそういった通信プロトコルを記述するための言語.今まで,こういうプロトコルを説明するためには「パケットのxビット目〜xビット目までがTYPEを表し,TYPEがxだった場合にはxxモードへ移行」のように図表を駆使して書くしかなかったんですが(RFCみたいに),これをプログラミング言語で書いてしまうというもの.言われてみれば確かに通信プロトコル仕様をプログラミング言語で書いてしまうというのは便利だし,逆に今までなんで誰もやって来なかったんだろう? まあパケットのフィールドの定義と状態遷移図さえ表現できればOKなわけで,これを規定したのがCMDL.

 AnyWareでは,このCMDLで記述したプロトコル仕様から,自動的にC/C++/Java/VHDL/VerilogHDLのコードを出力し,なおかつ入力・デバッグツールまで備えた統合環境.ってことは仕様をCMDLで書いてしまえば,自動的に通信プロトコルスタックができますか?そういうことです.ミドルウェア屋さん大量失業の予感か……? まあ,実際に出力したものを評価してみないことにわかりませんし,CMDL自体の習得にも時間が掛かることから単純にはいかないでしょうが,それでも将来的には力強い武器になりそう.見た感じでは,あともう少し頑張ればデバイスドライバの自動生成ができそうなんですけどね……(レジスタと状態遷移の定義を行えば可能かと.ただし割り込みがうまく扱えるかどうかは不明).

 といったところで,続きは本誌で.

・今日の新宿

 CISCOを軽く冷やかしたあと,新宿中村屋本店でインドカリー¥1,200+ミニマンゴーパフェ¥380.紀伊國屋へ行って紀伊國屋Forest店グランドオープン告知ポスターの微妙な萌えキャラ(Webに画像ないや……撮ってくれば良かった)を堪能したあと,(昇)氏の新刊『コンピュータはどれほど賢いのか 知の可能』(すばる舎)を購入しよう……と思ったらサイフに¥3,000しか入ってなかったので(ぉ)また後日.すまんチェルノブ.

CPUの創りかた(MYCOM)

 なんか社内メールでタレコミが(ぉぃ).あー,夏コミで見つけたのコレ.作り方でなくて創りかたでしたか.失礼.中身はトラ技というか初歩のラジオレベルの平易な内容です.って15年前に休刊した雑誌を例に挙げるな.ま,発売されたら買ってきますが.

幻のコンビニフィギュア「リカヴィネ」(ケータイWatch)

 同じく先日社内メールでタレコミがあったケータイWatchの記事.教えられたときは「へー」と思ってスルーしてたのですが,この記事を書いた(で)氏って,Oh!Xの大和哲氏だったのね.たしか牛のヒト.

・スーパーバイザモードで動かさなければならないもの

 アドレス変換テーブルの構築って結構時間が掛かる処理なわけですが、よく考えたら、この作業ってユーザーモードでもできるじゃん! 逆に言うと、スーパーバイザでなければできないことは、アドレス変換テーブルをpmoveで登録する、その1行だけ。うーん、もう少し考えてみるか……。



● 2003/09/18(木)

・shq.dyndns.org,クラックされる……か?

 社内ネットワークのメンテナンスで構成がいろいろ変わったので,今までどおりに使えるかどうかテストしてみる.sshで当サーバ(shq.dyndns.org)に接続してみる……OK.あれ?

Last login: Thu Sep 18 19:01:28 2003 from a218-045-211-178.conn.iprevolution.ne.jp

 あれ? 会社からアクセスしたらmx.cqpub.co.jpだよな.何このアドレス.もしかしてヤられたーーーーーーー!?!?!? 勝手にログインされた? まず/var/log/messagesを確認したあとwhoでログインしているユーザーを調べる.なんか知らんアドレスからログインされた以外には,怪しいところはないなぁ.ログ消されたのなら分からんけど.取り急ぎpasswd変更.rootのpasswdも変更.勝手に変更されてはいなかったようなので,両方とも変更OK.

 しかしこのアドレスはなんなんだ……と思ってhttpdのログを見ていたら,会社のアドレス(ホスト名)がiprevolution.netになったみたい.正確には,会社から外部にアクセスしたときのホスト名を逆引きするとiprevolution.netになるみたい.なーんだ.あぁびっくり.

・QNX技術セミナー@カナダ大使館(東京都港区)

 青山一丁目のカナダ大使館へ。QNXとルネサスによるセミナー。QNXの新しいパワーマネジメントサービスについて。PC/ATなんかではパワーマネジメントをBIOSレベル(APM)からOSレベル(ACPI)でサポートしようとしているのに対し、QNXでは「BIOSやOSレベルでは組み込み機器で必要なきめ細かな電力管理ができない」とのことで、アプリケーションレイヤでこれを実装するためのフレームワークを提案するとのこと。確かに組み込み機器では限界まで低消費電力が求められるため、CPUにいくつもの低消費電力モードがあり、またデバイスごとに電力管理を行ったほうが良いなど、デスクトップ機器での概念は通用しないんでしょうなあ。関係ないけど、OSの解説でWindows NTが思いっ切り「モノリシックカーネル」と分類されていたのには笑った。さすがQNX。

 ルネサスはSH-4コアで周辺回路を内蔵したSH7760について。ねー、SH-5まだー?

 最後にセミナー参加者へ抽選でプレゼントのコーナーがあったのですが、Jaluna OSを販売しているウェブソフト・インターナショナルの人が当選していたのにも(笑)。思い切り競争相手ですな。偵察……じゃなかった、研究しに来ていたのかな?



● 2003/09/19(金)

・仕事

 全速力で来月号付録の入稿。なんとか今日中にクニさんに渡すことができた……。



● 2003/09/21(日)

ページ単位メモリ管理ルーチンを使ってアドレス変換テーブルの作成、タスクの生成と起動を行うテスト

 この土日はずっとプログラム書いてました。実働時間は結構短いけど。とりあえず、スーパーバイザタスク用論理アドレス空間+ユーザータスク用論理アドレス空間(2つ)を確保し、ユーザータスクを起動するところまで。タスクのテキスト領域はディスクから読み込んで……はまだ無理で、コピーして起動。



● 2003/09/22(月)

・(昇)氏再び→旧ゲーラボマンに飯おごってもらう

 今月号は割と余裕のある進行かなー,と会社で仕事していたら,後ろから肩を叩く人が.振り返るとスーツを着た(昇)氏.びっくりしたー.先日発売された『コンピュータはどれほど賢いのか』(すばる舎)を5冊,読者プレゼントとして提供してくれることに.ありがとうございます.

 とりあえず近くの喫茶店で話していたところ,中村(兄)も呼んでゲーラボ編集部襲撃計画があるそうなので,同行することに.いいのか仕事しなくて.いや,(兄)のようすも見たいし.

 まずは新宿へ寄り,同書が紀伊國屋書店で平積みされているようすを視察.ついでに微妙な萌えキャラのポスターも.あ,またデジカメ持ってくるの忘れた.ついで秋葉原ブックタワーを経由したところで(兄)にTEL.残念ながら今回は来れないそうで,またの機会にということに.ついで東京の八重洲ブックセンター.噂には聞いていたものの,本当にエスカレーター前ワゴンを一個占有して,同書が平積みされてますな.ちょっと壮観.(昇)氏はご満悦のようす.

 その足で八重洲ブックセンターから5分ほどの三才ブックスへ.え? 新ゲーラボマンは休暇中? まあ連休の中日だし,アポなしだから仕方ないか……と帰ろうとすると,ガラス張りの1階フロアに見えたのは……旧ゲーラボマンこと前編集長及川氏!! お久しぶりです.今では満開の最初期から知っている,社内唯一の人物だとか.それ以前に社内では,社長,経理の方についでの古株だとか.若い会社ですねー.今では営業部長ということで,毎日クレーム対策の日々だとか(笑).内容証明郵便も日常茶飯事だそうで,ハードな仕事ですね.そんなこんなで現役編集の伊藤氏も交え,近くの店でラーメンをおごってもらうことに.ご馳走様です.ライバル誌?であるネットランナーとのスタンスの違いとか,話題沸騰中の萌え単の話とか.萌え単の見本誌をゲットしようと思っていたんですが…….

 また会いましょう>(昇)氏.



● 2003/09/23(火)

・朝日新聞一面広告欄に『コンピュータはどれほど賢いのか』(

 おお,本当に載ってるねえ.スキャナないので取り込めないのが残念.

・今日のプログラミング

 humanfs_read.xをlibcのない環境で動作させるために目を通す.うわ,strnicmp()作らなきゃ.PECLSのlowfnc.aからはがして持ってくることに.strnicmp()だけでなく,lowfnc.aそのものを持ってきたほうが便利かも.printf()あるし.



● 2003/09/24(水)

トランジスタ技術 約14年分(ヤフオク)

 買え!



● 2003/09/25(木)

MS、トロンが歴史的和解 ユビキタス社会基盤で協力(Yahoo!ニュース)

 Yahoo仕事速いな(24日晩のニュースになってる).というか昨日「25日にM$との共同記者会見する」ってリリースが来たので,それだけで記事打っちゃったんだ.で,記者会見自体は今日なので具体的なことはまったくわからないわけですが,ページビューを稼ぐためにはこれくらいやったほうがいいのかな…….

 ↓とりあえず今の気持ちを歌ってください.

 ♪しゃーぼんだーまー飛ーんーだー(以下略)

 会見行こうかと思ってたら,隣の人が行ってくるみたいなのでマカセタ!>O氏(新人).

MSがTRONに協力、T-Engine+CE.NET環境を共同開発(ZDNet)

 ZDNet見てもいまいち要領を得ないのでなんとも……と思っていたら,O氏が帰って来た.資料を見せてもらったら一目瞭然.ああ,T-LinuxのWindows CE版か.T-Engine上でT-KernelというITRONベースのOSが走り,その上でLinuxを動かすT-Linuxってのがあるんですが(割り込みハンドラなどをT-Kernelがおさえて……という例の方式),あれと同様にWindows CEも動かすということ.ただし完全にT-Kernel上というわけではなく,Windows CEが直接ハードウェアにアクセスするようなこともあるとのこと.

・来週火曜日に大阪出張

 が決まった.来年度表紙の打ち合わせもあるので,編集長も一緒.

 8:09 新横浜のぞみ5号→10:26 新大阪→11:00 プランニング・ロケッツ→14:00 オーク→泊まり(ホテルクライトン新大阪?)→翌日朝東京へ→そのまま出社.



● 2003/09/26(金)

・OPERAプレスカンファレンス@メルパルク東京

 WebブラウザOPERAに関するカンファレンス。プレス以外にも一般のユーザーグループの人も入場できたみたい。OPERAを国内で販売しているトランスウェアの人の挨拶、とOPERA社CEOによる、OPERAの特徴、機能解説、組み込み機器への対応など。

 残念ながら、今日中に送稿しなければならない原稿があるのでパネルディスカッションには参加せず途中で退席。聞きたかったなあ。



● 2003/09/28(日)

Human68KフォーマットのSCSI/フロッピーディスクを読む、2の累乗アロケータ、PECLSのlowfnc.aの移植

 などなど。2の累乗アロケータ(バディアロケータ:buddy allocaterと言うらしい)とHuman68Kフォーマットのディスク読み込みルーチンはlibcなしで動くようになりました。その代わりlowfnc.a使用。これらをloader.xに組み込めば、カーネルとユーザータスクをディスクから読み込むことが可能になるはず。組み込まなきゃ。

 ページ単位の物理メモリ管理はPMMANがあるので、これとバディアロケータを組み合わせれば、カーネル内で普通にmalloc()が使えるようになる予定。MMUによる複数論理空間の作成はMMUのテストプログラムで、割り込みによるコンテキストスイッチも実験済み。これらを組み合わせれば、もう一段階上のテストが可能になるはず。

 あー、重要なこと書き忘れてた。これらのテストプログラム、書き上げてある程度動くようになったら、いったん全部捨てる予定です。そういう重要なことは最初に書けよって感じですが、最初から完璧な物が書けるわけないので(笑)。本当はこの手の大きな物を書く場合には、最初にきちんと設計して、仕様漏れがないか綿密に調査してからにすべきなんでしょうけど、実際に書いてみないと分からない部分も多いですからね。だったら書いてみて問題点を洗い出してみよーってことで一つ。いわゆる捨て石。そして俺は鉄砲玉。カッコイイぜ鉄砲玉! イェーイ!

 まあ1回書いちゃえば再設計は楽だし、再実装もほとんど単純作業だし。それに問題ない下位ルーチンは使いまわせるし。

・TEXHNOLYZE(最終回)/DVD vol.3

 最終回。完膚なきまでに終わった……。全員死亡エンドか。肉片すら残らない大西の最期が特に良かった。最終回の話、細かい部分全然分からなかったけど(笑)。なんで根っこ生えてるの?とか(全然細かくないじゃん)。が、実際、見ている間は呆然としてツッコむ余裕すらないんだけど、それってやっぱ面白かったってことなのか? lain並にあっけない最後だったけどな。

 話的には19話〜20話の地上編で全貌が明らかになって、決着が付いたも同然(というか、あの地上を見た後には「決着が付こうが付くまいがどうでもいい」という気分に)なので後は個人個人の決着さえつけてくれれば良かったんだけど。もっとも、19話〜20話はストリーミングのみでの放送となったわけで、フジの放送分にはテロップ一つ出なかったので、存在すら知らないという人も多いんじゃ……。まあ難解と言っても見返せばある程度は分かる話なので引っかかった人はDVDで是非。ヤクザ物としても良かったし(幹部会の会話が楽しめる人向け)、人間の進化という題材もちゃんと語りつくしたし、伏線もちゃんと回収していたし、lain並に傑作ってことでいいんじゃないですか? 万人には決して勧めないけど(笑)。やっぱり前作?のlainと比較しちゃうけど、lain並に細く長く売れていきそうな予感。未だに語られるからな>lain。この期にDVD-BOX再販してくれんもんかねぇ(LDは持ってるけど)。

 ということでDVD vol.3買って来た。今見返すと結構解説してるじゃん! さすがに一見で内容を全部把握するのは難しいけど(登場キャラが親父ばかりで区別付かないし(笑))、キャラクターと相関図が頭に入っていれば、意外とわかりやすいかも。もうちょい分かり易ければ良かったんだけど。まあいいか。それはそうと吉井役の声優すげえうめー。なんか舞台経験者とかどっかで読んだ記憶があるけど。あの瓢々とした、木で鼻をくくったような(死表現)喋り、腹に一物を抱えた男の感じが出ていて素晴らしいわ。吉井萌えー。

・実行ファイルのセクション

 スワップをサポートしたOSの.dataセクションって、やっぱりページ整合されてるんでしょうか?

 具体例:ページサイズ4096バイトのOSで、.textが2000バイト、.dataが1000バイトの場合、実行ファイルのサイズは3000バイトではなく、5096バイトになるのか? ←.dataセクションがファイルの先頭から4096バイト目から始まるため。(いずれもヘッダはないと仮定)

 宿題:ELFフォーマットとかを調べる。



● 2003/09/29(月)

MITのページ,オタキングにクラックされる(誤)

 マサチューセッツ工科大学のトップページが大変なことに!

・ELF形式

 昨日の実行ファイルの形式がどうこうの続き.ELF形式に関してググってみたら,結局たどり着いたのが西田亙さんのGCCプログラミング工房 号外 No.1 「ELF関連文書一覧」.やっぱりというかなんというか……流石です.ほかにヒットしたものはELF形式を使う側のためのドキュメント(他形式との変換とか)ばかりで,内部構造を調べてみよう,という人となると西田さんくらいしかいないのかもなぁ.ほかにいたらごめんなさい.

 でもって,そこからELF仕様書にリンクが張ってあったけど,仕様でけー.挫折.a.out調べよう(ヘタレ……).

・OSのキャッシュ方式あれこれ

 上記の話はキャッシュも絡んでくるので,朝から電車の中で『詳解Linuxカーネル』(オライリー・ジャパン)とか読んできたのですが,よくわからん.と思っていたら,キャッシュの相互関係(VA Linux)という激しく分かりやすいページが.ああ,Linuxでバッファキャッシュとページキャッシュという,2種類のキャッシュがあるのはこういう理由だったのか……っておい,中央右向きの矢印に注目.コピーかよ! MMUいじって共有とか,そういうカッコいい方法とか使わずに単純コピーかよ! こんなに単純な方法だったなんて…….とか言うならお前がもっと効率よくてカッコいい方法考えてみろよ,って感じですが.できません.ごめんなさい.

 結局この図によると,バッファキャッシュはいわゆる普通のディスクキャッシュで,セクタもしくはクラスタ単位のキャッシュ,ページキャッシュはMMUで扱うページ単位のキャッシュという認識でOKね? それでもって,必要に応じてバッファキャッシュからページキャッシュへとコピーして持ってくると.なるほど.

 でもってさらにググってみたら,NetBSDの統合バッファキャッシュの説明が.ページキャッシュ一本で全部まかなってるよ! カッコいい! 流石NetBSD…….そういえばM.Suzukiさんが以前にこの事書いてたな…….

 ついでにマイクロカーネルLavender上のファイルシステムサーバの構築と応用というPDFが見つかったので貼っとく.

・出張

 明日朝行って,水曜朝戻って来てそのまま出社.昼には戻る予定.

 予約したビジネスホテルがWiredなので,日記は明日も更新されるのだ.

 つーか準備のために早く帰ろうと思ったが,結局今日も退社10時か…….



● 2003/09/30(火)

・大阪出張

 ハーイ、Wired世界の皆様! 本日は大阪から日記をお届けします。って、出張くらいではしゃいでるんじゃないよ>俺。無事ホテルクライトン新大阪からのssh接続もできたようなので普通に今日の行動など。

 朝5:30起きで新横浜へ。新横浜8:06発ののぞみ5号。予定どおりとはいえ、新横浜に40分前に着いてしまい、暇を持て余す。と思ったら、おみやげを入れて置いた紙袋が破れるというイベント発生。雑誌4冊(Interface/BSD Magazine/Software Design/UNIX USERどれも最新号)も入れておくからだ。車内で編集長と合流し、一路大阪へ。新横浜の次は名古屋停車かよ。

 11:00にプランニング・ロケッツ着。I誌の表紙をデザインしていただいている会社。電話やメールでは何度も話している担当の石黒さんと初めてリアルでお会いする。今後ともよろしくお願いします。来年度の表紙デザインについて打ち合わせ。話し合っていくうちに、I誌の表紙デザインの特殊性を実感することに。特殊なのは店頭で目立っていいんだけど、固定部分以外のデザインの自由度が低いのは諸刃の剣だよなー。その後近くのそば屋でそばのコースメニュー。つきだし→おろしそば→かきあげ→鴨汁そば。鴨汁うめえよ。そば湯にも鴨の出汁が効いてるし。

 喫茶店で時間調整をした後、オークへ。過去のI誌や、最近ではCマガなどにも活発に連載をされているソフトハウス。というか執筆活動が本業なのじゃないかというくらいの(笑)活発な執筆ぶりだったのですが、ひさびさにI誌でも原稿をお願いすることに。代表取締役の矢野氏がバリバリの現役技術者社長で、思わず意気投合、4時間以上も打ち合わせと称した世間話に花が咲くことに。社員の人も何人かお目見えし、(業務とは無関係に)会社の機材使って二足歩行ロボットを作っているとか。いいですね、こういう社風。こういう自由な研究が次の商売のネタになったり……というスケベ根性はなしとしても、いい意味で「技術バカ」で好感が持てます。この方、本業ではNT系のデバイスドライバ書いたり、組み込み系のMPEG CODECドライバを書いたりと多彩な仕事ぶりとのこと。ほかにもいろいろと技術をお持ちの会社のようで、今後ともよろしくお願いいたします。

 その後急いでホテルにチェックインして、荷物だけ置いて夜の日本橋電気街へ。日本橋駅で降りたのに迷った〜、と思ったら、駅から降りて5分くらい歩かないと電気街じゃないのね。秋葉原とは違うのか。初めて来た日本橋電気街、えーと「でんでんタウン」ですか? 感想としては、「秋葉原を1次元に伸ばした感じ」。秋葉原は駅周辺のすべての建物を飲み込んで、水平垂直に店舗の侵出を行っている(広い範囲でビルの上の階まで)という感じですが、日本橋は一つの大通りの両端が電気街になっているという感じ。だからすべての店が1階に入口があり、それが一直線に延々と続いているというもの。だからパーツ屋も家電屋もゲーム屋もオタ系ショップもすべて大通りの1階に入口があるという恐怖の光景がここには広がっています。ていうか、まんだらけの入口が大通りに面してるってマズいだろ(笑)。秋葉原なら奥地、秘境に隠れている秘部もしくは恥部が、日本橋では赤裸々に大通りの観衆の目の前に! これは羞恥プレイですかハァハァ。製品の品揃えや価格的には秋葉原と大差ない模様。

 その後、かに道楽でかに会席。かにの刺身も味噌も鍋もうめえよ。見事に大阪で食い倒れる。

 てな感じでこれから風呂入って寝ます。ビジネスホテルなのに屋上に露天風呂とサウナがあるとは、なかなかやるなホテルクライトン。いや、それがホテル選択の鍵となったわけですが。

 明日は朝9時くらいの新幹線で東京に帰って、そのまま会社に直行して仕事します。あ、明日開業の新幹線品川駅で降りる予定。



DIRECT JUMP TO : 今日の日記/ INDEX
Valid HTML 4.01!

(EOF)